人物

原菜乃華 松村北斗の関係は?!すずめの戸締まりで急接近?!

新海誠監督の「君の名は」「天気の子」に続く3年振りとなる新作「すずめの戸締まり」が2022年11月11日公開した。

主人公 すずめ役には女優の原菜乃華さん(19)が抜擢!

閉じ師の青年 草太役にはSixTONESのメンバー松村北斗さん(27)が起用されており

どちらも今年4月に連ドラに出演し演技と特徴ある声で注目を集め皆さんの記憶にも新しいのではないだろうか。

その2人が11月11日、初日舞台挨拶に登壇した。

司会者からお互いの印象を聞かれ

原「本当にずっと実写版草太さんだなあと思っていて、上品な雰囲気や仕草、私に対しても敬語で接してくださるところがそのままだなと。私が色々な場で話すことが増え思っていることを上手く言語化できない時に、私の思いを汲み取ってくださってフォローしてくださるんです。そう言う聡明なところが草太さんだなと思います」

と頬を赤らめ松村を讃えた。一方、松村も「言葉が上手な19歳ですよね。まいっちゃいます。」と照れながら返した。続けて原の印象についても「『私は草太さんのいない世界が怖いです』とか、すずめのカッコイイ言い回しキュンときません?そう言うキュンとくるカッコ良さを持っている方そう多いわけではないと思うんです。カッコ良さや強さがある。そういう力を持っている方だな。と言う印象です。」

と原を絶賛。女性は可愛いと言われるのはもちろん嬉しいが、「カッコイイ」や人としての強さがあると言われるのは内面を褒めてもらえている気がしてより嬉しい。

松村は続けて、「今日が『すずめの戸締まり』の旅たちの日ということで、、、せっかくなので、あの言葉を聞いてもいいですか?」と原の方を向くとその振りを受け最後に原が「行ってきます!」とピュアな声を会場に響かせ拍手と共に舞台挨拶を終えた。

二人のかけ合いや雰囲気、話すトーンがなんとも心地よく原の若々しさを松村の優しさが包み込む相性の良さを感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特技は泣く演技。と言う彼女だが

5,000人の温かい拍手に純粋に感涙。

今後も彼女の泣く演技に注目したい。